iPhoneに買い替えをしよう

iPhoneに買い替えをしよう

iPhoneの不具合時に確認すること

iPhoneの不具合時に確認すること

iPhoneはOSのバージョンアップも長く行われるので安定して利用出来るイメージを持たれる方が多いようです。
しかし、利用していくといくつか不具合にあたってしまう方も多くいます。
iPhoneの不具合で多いのが固まるという症状です。
また、アプリが落ちるという症状もあります。
このような場合にはまず、利用しているアプリの数をチェックします。
iPhoneはPCやMacとほぼ一緒ですから、アプリが沢山立ち上がっていると動作が遅くなったり、不安定になります。
今立ち上がっているアプリを確認するにはホームボタンの長押しをします。
アプリは目の前で見えていなくてもメモリを消費します。
特にiphone5s以前の機種ではメモリが少なめですから利用しないアプリはどんどん終了させておくことが必要です。
メモリが新規に取れないとアプリが立ち上がらないこともあるので日ごろ使っているアプリは時々はチェックして、利用しないなら終了させておきたいものです。

iPhoneの二つの初期化方法

iPhoneを使っていて、なんだか最近不具合がある。
どうも重くなった気がする。
または買い換えたい。
そんなときには、初期化する必要があります。
その時のために初期化方法を覚えておくと良いです。
アイフォンでは本体だけでする方法とパソコンを使う方法の二つの初期化方法があります。
本体のみでする場合は、「設定」→「一般」→「リセット」を選択して「すべてのコンテンツと設定を消去」を押すだけです。
すると再度確認画面が表示されますので「iPhone を消去」を選択すれば完了です。
コンピュータを使う方法は、iPhone とパソコンを接続した際、iTunesが起動しデータが自動的に同期し、データがおかしくなることがあるで同期を停止してから行います。
アイフォンとパソコン(iTunes)を、付属のUSBケーブルで接続し、iTunesを、起動します。
あとは、「iPhone/iPad を復元」を選択し、そのあと「復元と更新」→「次へ」→復元に「同意する」を選択すると復元が始まり、初期化が終了します。
これらの操作をすると、すべてのデータが削除されますのでバックアップを取ってからやるとよいです。

pickup

海外留学
http://www.ausbiznet.com/

2016/7/22 更新

CONTENTS